台風+DRIFTER=サーフィン


今日は座間味の台風の話〜

先日の台風18号は当初の予報よりはるかに座間味に近づいて結局暴風域にかすったような感じになって天候はかなり荒れました。

毎度のことですが、多くのゲストにご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。。。

こればっかりはなんともならずで。。

ただ、自然界では台風は必要で、台風による高波で深海の水がかき混ぜられ水温が下がります。

珊瑚礁は水温が30度くらいになると白化が始まります。夏の天気で暖められた水温を下げるには台風しかないのです。

後、副産物⁉️座間味は綺麗な波が上がります。

ドリフターでは出来る限り波乗りに行こうと言うルールがあります。サーフボード&SUPサーフ両方です。

まぁ理由は色々とあるのですが、真面目な話、色々と勉強になるからです。

普段自分たちが使うフィールドがどのウネリで何処がどのように波が立つかよくわかります。波打ち際の波のサイズやパワー。一番体感出来ると思っています。

後、風や波はこっちの状況お構いなしにやってきます。波に揉まれてやっと上がって来たと思ったらまたすぐやられて。。。みなたいなことがしょっ中おこります。避けるには体力と知識と経験が必要です。これは口で説明するより、体験することが大事です。

結果、自分の体力、技量を知ることになり、波がこのサイズなら自分はやめておこうとか、この位なら安全だーとかに繋がってきます。安全に楽しむことが大前提ですからね。

まぁとにかくサーフィンは一気にいろいろ体験出来るような気がするから出来るだけサーフィンに行こうって思っています。

社員をサーフィンに行かせよう

です。

どっかで聞いたことあるセリフですが。。本は読んだことありません😁

今は台風一過でまたいつもの穏やかで美しい座間味に戻っています。

どっちの海も座間味の海で、僕達はどっちも最高に楽しんでいます❗️

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA